講談師一座『谷四座』

T4スタジオ

講談師一座『谷四座』とは

2020年7月。
コロナ禍に突入し緊急事態宣言下において、講談会も相次いで中止となり講談師たちは稽古もままならない状態でした。
そんな中で「時代はYouTubeや!」と発起したのが旭堂南鷹。
YouTubeを見渡すと同業他者も番組をあげている。
「こりゃやるしかない!」と一念発起。勝つためには画像と音だ!っと業務用のビデオカメラやプロがおすすめするマイクなど一式揃えた。
さて、どこで撮ろうか?と言うときに、谷町四丁目に物置になっていた地下スタジオを発見!
早速オーナーに交渉し、高座を作り、グリーンバックを張って、照明をこれでもかと入れて、講談スタジオに仕立て上げた。
南鷹の「やっぱり生が一番や〜」の掛け声で、いきなりの生配信に挑戦!
オンエア開始直後からハウリングで中断。なんとか再開して終えることができたが、反省会で「やっぱり生は危険や」と反転。
そこから収録に切り替えて現在に至る。
旭堂南鷹、南亰、南扇、南雲、南歩の5人で始めた谷四座ですが、途中から南也、南喜が合流。
さらに玉田家も参画し、人数も充実!
仕事の幅も徐々に広げている。
基本的にはネット配信を中心に活躍していく谷四座は、上方講談の新たな可能性を導き出してくるだろう。

PAGE TOP