令和元年(2019年)10月6日(日)14:00から伝統と歴史のある中央電気倶楽部ホールにて「上方講談協会創設70年記念講談会」が執り行われました。
ゲストに宝井琴梅、宝井琴桜両師匠をお迎えし、200名を超えるお客様で盛大に執り行われました。
伝播堂は上方香典協会事務局として、記録撮影、録音とともに、当日の演出アシスタントを務めさせていただきました。
日頃、直接話をする機会がなかった名古屋支部の講談師連とも意見交換がかない、有意義な1日となりました。
また、各方面の関係各位にもお越しいただき、講談の活用の可能性を大いに感じていただけたと思います。
上方講談協会のさらなる発展のために、さらに精進してまいります。